えー!カナダのカップ焼きソバはお湯を流さない!?

Sponsored Link

こっちのカップ麺は熱湯じゃなくてレンジ調理が主流のよう

この前スーパーに行ったら、日清のカップ麺が特価になっていたので、今まで試したことが無いものを買ってみた。お初です。
焼きそばとホットスパイシーという未知なフレーバーを買ってみた。



カナダに来てびっくりしたのが、カップ麺はレンジでチンして作るってこと。日本でも今はそうなのかな??でも熱湯で作るカップ麺に慣れているので、結局レンジで作ったことないんだけど(笑)


焼きそばから食べてみることに。照り焼きチキン味とあるけど、なぜかペヤングのような味を期待して買ってしまった。
こっちのカップ麺って同じ商品で、チキンとビーフ味があるね。色んな宗教の人がいる国って大変ね。


この日清の焼きそばはアメリカ製。




焼きそばだけどお湯流し不要

作り方はこんな感じ。驚いたことにお湯は流すなとのこと。えー、流す気満々だったんですが。


封を開けると中身はこんなパッケージ。赤線まで蓋を開けて水を入れる。


かやくは人参、椎茸、キャベツらしい。


ソースの袋がすでに汚いのが気になる。なぜこんなソースがべったり。


お湯を捨てなくていい意味がわかった。水は麺の表面ギリギリまででOKらしい。ペヤングだとタプタプにお湯入れて待つもんね。


作り方を見たにもかかわらず、熱湯を入れて調理してしまった私。5分後あけてみて、レンジで調理すればよかったか、、、と後悔するぐらいお湯がまだ残ってる。
作り方には少しお湯が残るけどOKってあったけど、これはOK範囲を超えてるだろ〜ってことで、流しでジャー(笑)作り方は守りましょう。レンジで5分調理すればこの水分も蒸発してたはず。


ソースを開封!おっ!ペヤングソースのように油と二層になってるー。うまそう。ペヤングのあの二層のソース味好きなんだな。。。


麺と合体。


一時はお湯が残りすぎてビビってしまったが、ソースと混ぜ混ぜしたらいい感じにまとまって一安心。


キャベツ入ってるらしいけど微々たるものなので、気休めにオレンジ、スムージも一緒に。


なんか鶏肉みたいなのも入ってる。味は残念ながらペヤングではなかった。当然か。甘い照り焼きソース味でした。不味くは無い。でももう一度食べたいとは思わない味(笑)ただ甘いだけでペヤングのようなスパイスの味が効いてないので、後半飽きてきた。麺の感じはよかった!こっちのカップ麺はなんか柔らかすぎてぬぼーーーなのかな?と思ったけど、日本の麺並みにいいと思った。


味に飽きたので、冷蔵庫にあったパクチー大量投入。なんとなくヘルシーに食べれたかな(笑)


お湯を捨てないカップ焼きそば体験できてよかったぜ。(実際にはお湯捨ててしまいましたがね。)
次はホットスパイシーカップヌードル、楽しみに食べよう。。。どんな味かな?


Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓