カナダ産のオーガニックコスメ。紫外線吸収剤不使用のグリーンビーバーの日焼け止め

Sponsored Link

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを求めてグリーンビーバーのナチュラルミネラル日焼け止め

green beaver
ビーバーのイラストが目印のグリーンビーバー。green beaverは100%天然素材を使っているボディケア商品ブランド。カナダのオンタリオにある会社みたいです。歯磨き粉やボディローション、リップクリーム、シャンプーなどなど。

whole foodsで30%offセール
日焼け止めで紫外線吸収剤を使っている商品はカラダに良くないと言う事を知り、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを探し始めた私。ネットで調べると、自分で日焼け止めを手作りもできるそう。でも材料を揃えるのが。。。で、そんなときオーガニックスーパーで天然素材コスメ会社から、日焼け止めがたくさん発売されているのを発見。green beaverの日焼け止めも気になっていた商品。カナダの商品だしね。で、そのgreen beaverの日焼け止めがwhole foodsで運良くセールになってました!買うのに良い機会!通常より30%offの$16.99になってたけど、税込みで$19位になって、消費税12%の大きさに改めて気づきく。。。(今更(笑))6/23までのチラシでセールになってました。ホールフーズは毎水曜日に新しいチラシになるね。他のスーパーは金曜日が多いのにね。

↓SPF40と27のキッズ用と通常版。スプレータイプとクリームタイプ有り。


肌が弱めの私はキッズのクリームタイプSPF40を買ってみた。スプレータイプを試したのですが、スプレーの出方が一直線(笑)均一に霧のように出てくれれば最高だったのですが、一本の線の様にピシューーーって白い液体が大量にそのまま出て来たので却下。使いずらそう。霧になってくれれば買ったかも。スプレータイプは使う前に良く振って使うらしい。
クリームタイプとスプレータイプを比べたけど、クリームタイプの方には水にもOKってなっていたのも決めて。スプレータイプにはその表記は見当たらず。


黄色のクリーム。無香料!オーガニック素材の粉っぽい香り(笑)がしますが、まったく気になりません。ほぼ無臭


叶姉妹に近づけそうなツヤ☆
↓伸ばしてみてビックリ!いいツヤ!健康的な肌に見えそうです。このツヤ好きです。女性なら叶姉妹、男性ならボディービルダー30%のツヤって感じでしょうか。塗りたてはべたつきます。しばらくすれば気にならない。つけたてすぐにサラっは残念ながら期待できません。天然素材から出来ている商品だから、そこは我慢できます!お肌に優しい日焼け止めを求めていたからね。日焼け止めで気になるのが、あの紫がかった白色。これはまったく白くならない!いいねー!!


しかもこのツヤ、結構長時間持続します。優秀!外で自転車乗った時の手。汗ばんだツヤではありません(笑)水に強い仕様なので、数回手を洗っても10代の肌の様に水を弾いてくれます!!うーん、ツヤ肌にみせて、水も弾いてくれるなんて、若返った気分になれる日焼け止めだな(笑)ウォータープルーフなので、夜はカラダを2度洗い。2度洗えばスッキリ落ちた気がする。


敏感肌なので、北米製の商品を顔に塗るのに抵抗があったのですが、チャレンジしてみました。結果、かゆくもならずにOK!このグリーンビーバーの日焼け止め、顔にも使っていけそうです。乾燥は気にならなかった。

グリーンビーバーの日焼け止め…お気に入り度ほぼ100%!

今までドラッグストアで一般的に売っている日焼け止めしか使ってこなかったので、ナチュラル成分で出来ている日焼け止めは初!とても気に入りました。つけたてべた付くなど残念な所もありますが、100% naturalの日焼け止めを使っているという安心感で気分的に100点!ツヤも好きです。100% naturalなら、どんだけ大量に塗りたくっても罪悪感がない!(笑)ま、日焼け止めだから、塗りすぎもいけないと思うけどね(笑)(広告で100% naturalって文字表記は効果大だな。どうぞ、偽りのないようにお願いしますよ、企業様!)

紫外線吸収剤フリー
紫外線反射剤はZinc Oxide(酸化亜鉛)8%, Titanium Dioxide(二酸化チタン使用)8%を使っている模様。
白くならない
キッズ用だからhypoallergenic=低刺激
57.34%オーガニック素材使用
この数字パッケージに書いてありました。素材にビーワックスも入ってる(笑)それが水を弾くのかな??カナダ産のラズベリーエキス(抗酸化活性の役割)も配合されているみたい。
↓特長の所でグルテンフリーになってるのがなんか食べ物っぽいね(笑)

●Active Ingredient Actif (W/W):
Zinc Oxide 8%, Titanium Dioxide 8%
●Non-medicinal Ingredients:
Helianthus Annuus (Sunflower) Seed Oil*, Rubus Idaeus (Raspberry) Seed Oil*, Dicaprylyl Carbonate, Caprylic/Capric Triglyceride, Pongamia Glabra (Karanja) Seed Oil, Polyhydroxystearic Acid, Jojoba Esters, Polyglyceryl-3 Polyricinoleate, Beeswax*, Isostearic Acid, Hydrolyzed Jojoba Esters, Trihydroxystearin, Aqua/Water/Eau, Alumina, Beta-sitosterol, Lecithin, Squalene, d-alpha Tocopherol* Ingredients from Organic Farming
●FEATURES:
Certified Ecocert, Gluten Free, Health Canada Approved, Hypoallergenic, Non-nano, Non-silicone coated, Non-Whitening, Waterproof, Biodegradable
http://greenbeaver.com/product/certified-organic-kids-sunscreen-spf-40/

●紫外線吸収剤とは…
オキシベンゾン、サリチル酸フェニルシノキサート、パラアミノ安息香酸エステル2-(2-ヒドロキシー5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール、グアイアズレン


商品と一緒に入っていたカード10の有毒リスト

カード型なのでお財布にいれて、気になった時にチェックできそうです。専門英語満載で英語の勉強になりました(笑)
詳しくは→http://environmentaldefence.ca/


【1】1,4-dioxane=1,4-ジオキサン
…ラウレス硫酸ナトリウム(sodium laureth sulfate)の製造過程で1,4-dioxaneを使うらしい。シャンプーや歯磨き粉、ボディーソープ等の泡立つ製品に入っている事が多いらしい。
【2】artificial musks=人口香料
【3】coal tar derived colours=タール色素
…ヘアダイに入っていることが多い。
【4】BHA & BHT=酸化防止剤
…保湿液、化粧品、香水に入っていることが多い。
【5】formaldehyde releasing agents=ホルムアルデヒド放出剤??
ホルムアルデヒドなんちゃら。防腐剤の一種のようです。ヘア商品、化粧品、保湿剤に入っていることが多い。
【6】petrolatum=ペトロラタム
…リップ、肌、ヘア商品に入っていることが多い。
【7】parabens=パラベン
これは良く聞く!危険なんだね。化粧品でよく見る名前だな。気をつけよう。。。
【8】phthalates=フタル酸
…ネイル、香り商品に入っている事が多い。
【9】silicone chemicals=シリコーン剤
…ヘア商品、化粧品、保湿剤に入っていることが多い。ここ数年、ノンシリコーンシャンプー耳にする様になったもんね。
【10】triclosan=トリクロサン=抗菌剤
…ハンドウォッシュで良く目にする「antibacterial」商品、デオドラント、ハンド殺菌剤に使っている事が多いらしい!!えーーー!「antibacterial」商品けっこう使ってるよー。bath & bodyworksのハンドウォッシュ気になってみてみたら、案の定バリバリ入ってました。ここの商品はケミカル臭バリバリだもんね。納得。

カラダにやさしい商品使いたいけどね。お財布と相談しながら。。。(笑)気になりだしたら、切りないもんね。



Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓