海外旅行初の親が単独で子供に会いにバンクーバー国際空港に来た場合を考えてみた

Sponsored Link

バンクーバーに戻る日。ケットラで父さんとロン君に送ってもらいました。土の上にちょこんと乗ってかわいい。。。ろんくーーーん!!


「よー、気をつけていってこいよー」って言ってくれてそうな雰囲気のロン君。


機内食にハーゲンダッツが出てくるととてもうれしい

今回初めてのJALのバンクーバー⇄成田線。今まではエアカナダ、大韓航空など。今回日本に帰るときは急だったので、2日前にエアチケットを購入。ダウンタウンのHISに行ったらもう高い席しか残ってなかったけど、JALのHPをみたらまだ安い席があって意外に安く買えて良かった。
成田→バンクーバーの機内食はバンクーバー→成田のものとは大違い!やっぱ、日本発の食事はいいね。


ハーゲンダッツが付いてくるなんて、幸せーーー。最高だなJAL、って思ってしまう単純な私。


これは2回目の軽食。なんとスープストック東京のスープ!おされー。このトマトと鶏肉のシチュー、具沢山で美味しかった!!となりのインド人のおじさんも、これ、おいしーねって言ってました。


うん、間違い無く一番高い場所の店舗(笑)


付属のペンネを入れて2度楽しめるー。エコノミークラスだけど飛行機に乗るときって機内食が結構楽しみな食い意地がはっている私。。。有名店とコラボの食事が楽しめるってうれしいな。JALまた使いたくなるね。


今年の夏、母親がバンクーバーに来る気になっていたのだけど、やっぱ一人では無理だ、私と一緒の時にするということで来年にお流れになった。
私の母親、なんせ、海外旅行したことがない。パスポートももちろん持ってない。だから「荷物はどこに預ければいい?飛行機降りたらどうすればいい??」って質問だらけ。親は年だし、英語全くだめだし、人生初の海外ってなると、やっぱ私の親は一人では無理なのか。70代で人生初海外だもんな。
そんな母親の為に一応説明用にバンクーバーに着いて飛行機を降りたところから写真を撮ってみた。イメージトレーニングしてもらおう(笑)

飛行機を降りてからのイメージトレーニング@バンクーバー国際空港



連結通路を進む。


「Arrivals」の看板に従って進む!


エスカレーターを上がる


「Arrivals」の看板矢印に向かって進む&みんなが行く方に行く!


「Arrivals」の看板のみに従って進む!エスカレーターを下ります。右側に進んじゃうと乗り継ぎ方向になっちゃうからね。


右手に大きなネイティブアートが出現。


アートの前のエスカレーターを降りると


入国審査の場所が見えてきました。


右側の「Foreign passenger」に並びます。左側はカナダとアメリカのパスポートを持っている人用。移民も。この先でパスポートを見せて「なんの目的で来たの?だれと会うの?どこに泊まるの?」などと質問をされる訳です。緊張ーーー。


無事パスポートに入国スタンプを押してもらったらその先にある預け入れ荷物を引き取りに。それぞれのレーンには番号が付いていて、下の写真の右上の画面に便名と荷物が出てくるレーンの番号が出ています。


それぞれのレーンにも便名が出ているので判りやすい。


私は壊物タグをつけていたので、35の一番端っこのレーンから出てきてました。壊物で預けた時には出てくるレーンが違うときがあるみたいなので、注意ですな。


荷物を引き上げて、いざ「Exit」へ!


「Exit」の前には係のおばちゃんが入国書類を用意しておいてねって呼びかけてます。


入国書類は機内で配られるので以下のように記入。親切なサイトがあるね。
画像はHISカナダのもの

カナダ入国書類の書き方リンク↓
http://www.his-canada.com/ryugaku/pdf/CUSTOMS_DECLARATION_CARD.pdfhttps://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/ame/ca.html

入国書類を立っている怖そうなオフィサーに渡して緊張の山場は終了!!!もう足取り軽くなってOKです!!万が一止められると右側の別室で荷物チェック。


もー、質問してくる怖いオフィサーもいません!!待っているのはあなたの家族のみ!!前の人の流れに乗って前進。ゲートをくぐると、


ゴール!!

そこには安心できる笑顔が待っているはず!!左側には大きな人形さんもお出迎えしてくれてます。


カナダも米国のESTAに似た「eTA」ってのが始まったようですな。

2016/3/15以降にカナダに空路で渡航するときは特別なビザなどを持っていない以外は「eTA:電子渡航認証」が必要になったとはびっくり。
↓eTAの申請方法が詳しく載っているサイトを発見。助かるね。
http://www.ymtours.com/info-canada/canada/canada-eta.html

このeTAの支払いはクレジット決済のみ。私の親はクレジットカードを持っていない。申請本人名義のクレジットじゃなきゃだめか?!と一瞬あせりましたが、本人名義のクレジットでなくてもOKのようです。そうだよな、申請するのが未成年の場合クレジットもってないもんね。

気づけば親も70代。。。来年の夏こそは親と一緒にカナダでブルーベリー狩りがしたいな!元気でいてください!


Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓