30分で完成!本場イギリスのレシピのしっとりスコーン

Sponsored Link

本場イギリスのしっとりスコーンレシピ

カナダ君のお母さんはイギリス人。お母さんの作る料理、お菓子はとても美味しい!なかでもスコーンがしっとりしていて激ウマでレシピを以前教えてもらって、何回も作ってます。でもお母さんの方がおいしんだけどね。。。きっと私はバターを少し少なめで作ってるからかな。

○粉…3カップ
○砂糖…1tbsp(大さじ1)
○ベーキングパウダー…1tbsp(大さじ1)
○塩…1tsp(小さじ1)
○バター…1/4c(バター1個を2cm位の幅に切った量を入れています。)
○牛乳(butter milk尚良し)…1カップ半
粉類をふるって、その中に細かくしたバターを入れ、手でもみもみ。まんべんなく混ざったら、牛乳を入れてヘラで混ぜる。成形して、180度のオーブンで10〜15分焼いて出来上がり!

材料は大まかでも失敗なし!美味しく出来ます。

私はいつもスプーンとカップで大まかに計って作ってますが、美味しくできます。バターも2cmくらいの幅に切って入れています。スコーン作りの中で、粉の中にバターを入れて、もみもみする作業が一番好き。。。


成形はスプーンで十分

結構柔らかい生地なので、私はスプーンでぼてっと落として焼いてます。


牛乳の代わりにヨーグルト、サワークリームでもOK!

今回は冷蔵庫に6%のレモンヨーグルトが残っていたので、それを1カップ程入れてみました。牛乳は半カップほど。レモンも残っていたので、レモン汁を加えたら、美味しいレモンスコーンになりました。

濃厚ヨーグルトを加えたら、翌日驚くほどしっとりに!

オーブンで10〜15分くらい焼いたあとは、表面がカリっ、中身ふわっという感じですが、6%のレモンヨーグルト効果でしょうか、翌日とてもしっとりしていて、柔らかく、大成功でした。うーん、これからは濃厚ヨーグルトを入れる事にしよう!もちろん、牛乳でも美味しく出来るレシピです。濃厚ヨーグルトかサワークリームがあれば是非入れてみてください!

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓