【簡単】クリスマス正月に!焼かない柔らか和風ローストビーフ

Sponsored Link

特価の牛肉でローストビーフ

巨大なサーロインの塊が特価だったので、買ってみた。約2kgで$25位。こんなにデカイ牛肉を買うのは初めてです。カナダには薄切肉を見つけるのが困難なので、自分で塊を買って解体する事が多くなりました。時には包丁2本使ってひき肉にもします。たくましくなりました(笑)


で、作ってみたいものが、ローストビーフ!野沢直子さんのブログが好きなわたし。それ経由で小川菜摘さんのブログも見る様になりました。小川さんのブログにはお料理も結構のっていて、その中で良く出てくる料理が「ローストビーフ」なんです。美味しそうなローストビーフが載ってます。→小川さんのブログ。ブログを読むと、焼かずにお鍋の中で仕上げるようです。気になってサイトで検索するとレシピが載ってましたー。それがこちら↓

簡単!焼かない和風ローストビーフレシピ

●材料(2~3人分)
・牛もも肉(かたまり肉)  300g
・塩            小さじ1/2
・ブラック粒胡椒      小さじ1/2(黒コショウ)
・タマネギのすりおろし   1/2個分
・ニンニクのすりおろし   1片分
・しょう油         大さじ3
・マーマレード       大さじ3
・オリーブオイル      小さじ2
・ローリエ         1枚
●作り方
1.塩、コショウをすり込んだ牛もも肉を耐熱性の保存袋の中へ入れ、その中にすりおろしたタマネギ、すりおろしたニンニク、しょう油、マーマレード、オリーブオイル、最後にローリエの葉を1枚加えます。
【ポイント】
お肉の形が整っていない場合は、タコ糸で縛って形を整えましょう。
2.材料をすべて入れたら、袋を閉じる前に、お肉全体に調味料が染み渡るようによく揉み込みます。
3.空気が入らないように袋を閉じたら、冷蔵庫の中で一晩寝かせます。
4.一晩寝かせたら、冷蔵庫から取り出し、常温になるまで3時間くらいそのまま置きます。(今の季節であれば、およそ3時間です)
5.お鍋でたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて、耐熱保存袋のままお湯に入れて鍋のフタをしてそのまま40分置きます。
【ポイント】
お鍋は、土鍋や鋳物の鍋(ル・クルーゼなど)など、厚手の保温性の高い鍋を使用してください。
土鍋や鋳物の鍋がない場合は、普通のお鍋をバスタオル等でくるんで、中のお湯の温度が下がらないようにして温かいお部屋に置いておけば同じようにできるそうです。
http://omezafan.blog.fc2.com/blog-entry-2401.html

特価の肉でも柔らかく仕上がったローストビーフ

小川さんの肉はとても高価そうですが、安い肉でもとても柔らかくできてビックリ。(それともカナダの牛肉が質が良かったりして?!)前日から和風たれにつけ込んであるから肉の臭みもなく、美味しくできました。また特価になってたら、作りたいレシピです。


レシピ要約

1、タマネギ等をすりおろしたタレに一晩浸ける

2、お鍋のお湯が沸騰したら、火を止めてその中にジップロックのまま入れて40分
3、冷めたらカットしてできあがりーー
40分経って取り出しても、熱々です。冷めるのが待てずにワクワクしてカットしてみると、とても良い色に仕上がってました!初めてでも成功しましたー。



すりおろしタマネギソースは絶品!

私はつけ込むたれはママーレードが無かったので、ハチミツで代用。それでも美味しくできました。ベリー系のジャムでもよさそう。やはり、タマネギ、醤油のたれは最高に美味しいです。つけ込みタレを煮詰めてソースにして食べました。

バスタオルで保温は本当に役に立つ!

私のお鍋は土鍋や鋳物の鍋でないステンレスの鍋だったので、レシピにあるように、バスタオルで包んで40分置きました。40分後も熱々に保たれていてビックリしました。

こんなに簡単にローストビーフができるとは

おどろきました。前日に仕込んでおけば、当日はお湯を沸かすだけ。とても簡単で柔らかいローストビーフができるとは。しかも醤油とタマネギ味で最高に私が好きな味なので、一般的なグレービーをかけて食べるものより断然美味しい!いい、レシピを知れてよかった!

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓