バンクーバーで初シルクドゥソレイユCirque du Soleil鑑賞

Sponsored Link

6年越しのシルクドゥソレイユ

カナダで一度は見てみたかったシルク・ドゥ・ソレイユ。6年前にバンクーバーに初めて来て、カナダの団体だし絶対見てみたい!と思いつつ年月は流れ、去年の12月にやっと叶えることができた!見た演目は「TORUK – The First Flight」っていうアバターを元にした物語。


今回の会場はサイエンスワールドの近所でなくてバンクーバーの遊園地PNEにあるPacific Coliseumでした。公演期間もなんだかいつもより短く12/14-18の4日間のみ。そういえば、ここに以前アイスホッケー見に来たことあるな。


いつもなら↓これみたいに仮設テントができてサーカスぽくってステキなのに。なぜ今回は違うんだろ?


会場内ではグッズも売ってた。


揚げたてドーナツのいい香りが〜。お酒も売ってるし、ファストフード、ポップコーンも売っていて、食べながら鑑賞できる。


ステージ。ブルーのライトに蛍みたいな光がちょこちょこ動いてて綺麗だったな。わくわく。


ショーの始まり!物語の案内人さん登場。ステージに投影されている映像が迫力あるね。


アクロバティックな動きはロープを使ったのがメインだったな。ロープ一本だけで上下に旋回したり止まったり、すごいね。急降下する時はおもわず床まで落ちちゃうんじゃないかってヒヤッと勝手にしたり。


このシーンが一番好きだった。衣装の花びらがひらひら舞って幻想的で、色もとても綺麗だったな。(カナダ氏にどの場面が好きだった?って聞いたら、大きな狼みたいなのがカッコよかっただって。。。感動のポイント全く違う二人。)



カイトを使った場面も。そこら中でカイト飛ばしてて、絡まなくてすごいーと思った。


客席の通路にも演者さんが来ることがあって、間近でみれてうれし。


このシーンも本当に水が流れているように見えて、迫力があったな。最近の映像技術はすごいね。



メインの3人。話の内容を良く理解してないのですが(笑)おそらく悪を退治に出かけてその道中のシーン。


壁をロープアクションで左右上下くるくる落ちたり這い上がったり。かっこよかったな。おー、これがシルク・ドゥ・ソレイユのお家芸?!って勝手に思ったり。


この恐竜の骨がシーソーのように動いて、その上で倒立。演者さんたちはこの舞台道具の上で危険な動きとかするんだから、道具を作る人はデザインだけでなくて安全強度も十分考えて作ってるんだろうね。すごい!



この鳥が悪者のようで、これをやっつけてショーは終わり。前半後半に分かれていて休憩20分位、20:30に始まったショーは22:30で終わり。



ショーの後は演者さんたちがそれぞれの客席を回ってこんな風に挨拶してくれる。テンション上がるー!うれしいねー。36歳だけど、手振り返しちゃうよ(笑)


ショー終了後のステージ。色がきれいだねー。この綺麗なステージもわずか10分ほどで消灯され、


もう次の日のセッティングを始めている模様。丸裸のステージさん。座った席は右側の前から10列目。正面でなくて横側だったけど、よく見れました。


ロビーに出ると人だかりを発見!何?!って覗くと、演者さんがいるーーー!しかも写真撮ってるー。飛び込むタイミングを逃し、一緒に撮影はできなかったけど、


この方の目線をカメラに収められたので、大満足!


シルク・ドゥ・ソレイユ演者さんの足の裏

グリップがとても良さそうなソール。五本指に分かれてる!いいもの見れました。


チケット購入手数料が高い!

安いチケットを色々探したんだけど、Cirque du SoleilのHPでspecial priceってのがあってそれを買うのが一番安いってのが分かった。私は残念ながら他のクーポンサイトから買ってしまって一人$20位損をしてしまったー。次回はCirque du SoleilのHPのプライスをチェックしてから買うことにしよ。
↓今回のチケット代。一人$114。記念だ記念!てか手数料一人につき$18とかって高すぎー!コンサートの時もそうだけど、カナダは発券手数料が痛い。


カナダ発のサーカス集団のショーをやっと見れて、いい思い出。とにかく舞台の色彩、演出が綺麗だったなー。もっとヒャーーーってなるアクロバティックな動きが盛りだくさんかと思っていたけど、けっこうまろやかな動きだった。バンクーバーには毎年違う演目でシルクドゥソレイユが来るから、安いチケット手に入ったら又見に行きたいな。


Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓