新しい新幹線E7系あさまとしてデビュー!

Sponsored Link

長野県民としては、なんかうれしいニュース。
私の田舎と東京を90分程でつないでくれるとてもありがたい新幹線あさま。
来年春開業予定の北陸新幹線の新型車両E7系が先行して
2014/3/15に「あさま」に投入されたみたい。

マイナビニュースより↑

従来の「あさま」新幹線はE2系と言うらしい。
新旧の貴重な写真!?

日刊スポーツより
ニュースの記事によると
「長野発のE7系で午前8時半ごろ、家族4人で東京駅に降り立った長野県安曇野市の主婦橋本早織さん(26)は「あまりに乗り心地がよくて、もうE2系には乗れなくなってしまうかも」とほほ笑んだ。」

えーそんなに乗り心地違うのか!!実家に帰る際は、ぜひ乗ってみたい!
見た目はE2の方が好きだな。シンプルで。
E7は見た目が戦隊ものヒーロを彷彿させる。。。
でもデザインはあのフェラーリのデザインも手がける方が監修したらしい!!
すごいな!!E7系はセレブ車両だ!! 

E2系E7系の早さの違いは??wikiより。どちらも営業速度は一緒みたい。



E7系のデザインコンセプトwikiより
共通キーワードを”和”とし、今後首都圏と北陸新幹線沿線を結び、日本の伝統文化と未来をつなぐという意味から「”和”の未来」を車両のデザインコンセプトとした。エンツォフェラーリ・E6系のデザイナー奥山清行の監修により、川崎重工業が以下のキーワードを元にし担当した。
『洗練』
日本の伝統と最新技術の融合により新たな価値を生むことで表現。
『ゆとり・解放感』
和風空間に集うことで得られる心地よさで表現。
高速走行するための造形と日本の伝統的な色使い、走行する沿線の風景を融合させ、スピード感と精悍さを表現した。先頭形状は環境性能を考慮した空気力学的な最適形状(One-motion line ワンモーションラインとネーミングされた形状)にデザインされ、環境性能に考慮したつくりとする。塗装は、車体上部色を「空色」、車体色を「アイボリーホワイト」、車体中央の帯色を「銅色(カッパー)および空色」とすることで、和のテイストが息づくデザインとする。
両先頭車となる1・12号車の両側面には「輝く未来に向かって突き進むイメージ」をコンセプトに未来への希望・日本の伝統工芸の緻密さ・速さを表現したシンボルマークが配置される

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓