ハーフパイフにできたハートSarah Burkeを偲んで選手の事故死

Sponsored Link

テレビで見かけたこの映像。
ハーフパイプにできたハート。

yahoo canadaより

何も知らない私はそれを見て単純に「あ、かわいい」と思った。
その後に耳に入って来た情報には
Sarah Burkeさんと言うカナダ人の選手が2012年に亡くなったと。
ネットで調べたら女子ハーフパイプのサラ・バークが死去」の記事が。

【1月20日 AFP】カナダ・フリースタイルスキー連盟(Canadian Freestyle Ski Association、CFSA)は19日、練習中の転倒で危篤状態が続いていた女子ハーフパイプ(HP)のサラ・バーク(Sarah Burke)選手が死去したと発表した。29歳だった。
バーク選手の治療にあたっていたユタ大学付属病院(University of Utah Medical Center)の医師団は、家族に見守られながら午前9時22分に亡くなったことを明らかにした。
10日の練習中に転倒し、脊椎の動脈を切断する重傷を負ったバーク選手は、11日に手術を受けたものの、心肺停止による脳の損傷が激しく、危篤状態が続いていた。
バーク選手の家族は「これまでサラを暖かくサポートしてくださったすべての人に深く感謝します」とコメントし、臓器移植提供に協力することを発表している。
ウィンターXゲーム(Winter X Games)で4度の優勝を誇るバーク選手は、フリースタイルスキー女子ハーフパイプの第一人者として活躍し、正式種目として採用される2014年ソチ冬季五輪ではメダル獲得が期待されていた。(c)AFP

2012年01月20日 12:49 発信地:ソルトレイクシティ/米国 

 




yahoo canadaの記事。
遺灰がハーフパイプのコースに撒かれたそうです。
メダルが期待されてただけに、
本人もソチの舞台に来れて喜んでいることだろうな。。。
こうして追悼をされるなんて相当みんなに愛されてた選手だったんですね。

2010年に結婚をして旦那さんもいたみたい。
Rory Bushfieldさん。プロのスキーヤー。

 


選手の死亡で言えば、2010年バンクーバー五輪
開会式当日の練習で死亡したNodar Kumaritashviliさん。まだ21歳だった。

わたしはちょうどグランビルアイランドのパブリックビューで
開会式を見ていた。そこで知った衝撃的なニュースだった。 
一生懸命練習してきて、大舞台を目の前にこんな事故なんて、
本当に悲しくなった。まだ21歳。若すぎる。
 
ウィスラーの会場には Nodar Kumaritashviliさんの記念碑があった。
オリンピック後ウィスラーに行く事があり、ここで手を合わせた。


ウィンタースポーツはスピーディーな分、本当に危険。
ご冥福をお祈りします。 

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは承認されてから表示されます

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

読者になる↓